船橋市で家族葬が行える斎場の探し方

船橋市には、市の中央部辺りに公営の斎場があり、火葬場も併設されていますので、家族葬を行う場合にも適していると言えます。葬儀場から火葬場までの移動がなく便利と言えますが、火葬が多い日は、人の出入りもそれだけ多くなりますので、家族だけで静かな式典を望む場合は、やや不向きな面もあります。周辺にいくつか他のホールがありますので、そちらを選ぶほうが静謐な空間のなか、葬儀をおこなうことができます。また、遠方からの親族も参列の場合、JR船橋駅や西船橋駅など、ターミナル駅周辺の斎場がアクセスの面で便利です。故人が亡くなった病院から移動しやすく、安置する施設があるかどうかもポイントになりますので、あらかじめ家族葬の規模や、葬儀の形式なども考慮しておくと良いでしょう。

自宅や病院からのアクセス面も大事

船橋市の公営斎場は馬込斎場のみですが、ほか、市内各所に大小のホールが10余りあります。それぞれ、施設の規模や、執り行える家族葬のタイプも違ってきますので、まず、参列する家族・親類縁者の人数を確認しておくことが大切です。そのうえで、望むタイプの式典に合った斎場・葬儀社を選びます。また、船橋市立医療センター、船橋中央病院、船橋総合病院など、周辺の病院からの早めの移動が必要な場合や、葬儀まで故人を安置できる施設かどうかなども、選定するうえで重要となります。一日葬や火葬式でなく、お通夜も含めての通常タイプの家族葬の場合、自宅から、徒歩や公共交通機関の利用で行き来しやすいかどうかも、意外に大事なポイントです。そういった点からも、やはりターミナル駅周辺のホールが利用しやすいということになります。

葬儀プランを見極めて斎場を選定

家族だけで送る葬儀といっても、通常の葬儀のように2日間かけてお通夜と告別式を行うプランのほか、一日葬もしくはワンデーセレモニーとも言われる、お通夜を行わず告別式のみ執り行うプランもあります。あるいは、お通夜も告別式も行わない、直葬とも呼ばれる火葬式という方式もあります。各葬儀社では、大まかに分けてこの3つの葬儀プランがあり、それぞれのプランにおいても、参列する人数によって費用が変わってくるという方式になっています。故人のためにもっとも良い葬儀にしたいものですが、費用の面をきちんと把握しておくことは重要ですので、家族の人数、遠方から来てくれる親類縁者、故人の親しい友人など、事前に、ある程度の参列者数を把握しておくと、万が一の事態においても冷静に、斎場を選ぶことが可能となります。

家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 当社は自社に料理部門がある為、その季節に厳選された食材でのお料理をひとつずつお作りさせて頂いております。 沢山の式場があり悩まれている方々へ。当社は事前相談や館内見学も行えますのでお気軽にお問合せ下さい。 【船橋市の家族葬】真心込めてサポート