家族葬を船橋市で行う際の注意点

お葬式の形式はいろいろなものがありますが、選ばれることが多いのは大体4種類です。これは船橋市の葬儀会社ではよくあることですが、もちろん船橋市以外の地方などでも同じように、選ばれる形式は4種類です。選ばれることが多い4種類の形式は、直葬、一日葬、家族葬、一般葬です。その地方によって独特の形式などもありますが、大体この形式が選ばれることが多いです。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へ搬送して、後日お葬式を改めて行いたいというときに選ばれることがあります。一日葬は、お葬式をするのに日が悪いときなどに少し間をあけて行いたいというときに選ばれることがあります。一般葬は以前から選ばれることが多かった形式で、家族以外にもたくさんの人に故人を見送ってもらうことができるということで選ばれていることが多いです。

故人との最後の時間をゆっくりと過ごせる

家族葬とは、家族や親族とごく親しい人だけで行う少人数でのお葬式のことです。よく間違われる形式に密葬がありますが、家族葬と密葬は異なる内容になっているので違います。家族や親しい人で執り行う形式なので、ゆっくりと故人と最後の時間を過ごすことができます。また、義理で参列した方への気づかいが少なくなるので、精神的な疲れを軽減することが可能です。生前に故人が希望している場合もありますが、やはりご遺族が希望してこの形式にしていることも多いです。簡単にいうと、一般葬を縮小したような形のお葬式です。家族や親しい人だけなので、故人の思い出話などもゆっくりとできるので、最近では船橋市など都会を中心に選ばれることが増えてきています。たくさんの人に見送られるよりも、家族との最後の時間を大切にしたいということで選ばれています。

参列できない人たちへの配慮が必要

家族葬を行うときは、家族以外の参列できない方たちへの配慮がとても必要になります。会社関係の方やご近所の方には、あらかじめ家族のみで葬儀を行うことを通知しておくようにします。また、お焼香やお香典、お供物の一切を辞退させていただくことも理解してもらうことが大切です。故人が社会的な人脈がある方の場合や、人に慕われることが多かった方の場合、お葬式の後で自宅に訪問されたりすることも多々あります。なので、この形式でお葬式を行う時は、そのような社会的な立場や背景も考慮して参列者の範囲を決める必要があるので、あらかじめ考えておくといいです。この形式のお葬式が一般葬と異なっている点は、お香典がないということです。つまり、収入になる財源がないということになります。なので、費用のほうが返って高くなってしまう場合もあるので、そのことも注意点だといえます。