船橋市で家族葬を行うメリットとデメリット

お葬式にはさまざまな形式がありますが、よく選ばれるものは大体4種類に分けることができます。これは船橋市などの大きな都市以外でも同じで、葬儀会社によって多少の違いがあるかもしれないですが、大体この4種類のうちにどれかを選ぶ人が多いといいます。直葬、家族葬、一日葬、それから以前から選択されることが多かった一般葬の4種類です。もちろん、このほかにもその地方によって独特の形式のものなどもありますが、大体はこのなかから選ばれて執り行われることが多いです。直葬は亡くなった場所から直接そのまま火葬場へ搬送して、後日お葬式を改めて行うときに選ばれることがあります。一日葬はお葬式を行うには日が悪いので、間をあけて行うときに選ばれることがある形式です。一般葬は昔から選ばれることが多い形式で、参列したことがある人も多いといえるお葬式です。

この形式ならではのメリットがある

家族葬は大きな都市で選ばれることが多い形式で、船橋市やほかの都道府県でも選ばれることが最近増えてきた形式です。船橋市の葬儀会社などの大きな都市の場合は、特に選ばれやすいことが多いです。家族葬にはいろいろなメリットがあります。たとえば、遺族や親族、ごく親しい友人など、本当に近しい関係者だけの少人数で行う葬儀です。なので、豪華な祭壇や参列者の方たちへの香典返しや食事といった高額な負担がないので低価格で行うことができます。また、多く参列者の方たちに応対する必要がないので心身の負担が少なくてすみますし、故人を偲ぶためのゆっくりとした時間をもつことが可能になるのがいいです。 ほかにも、親族だけなので葬儀の手間がかからないというのも選ばれる理由であり、メリットのひとつだといえます。

デメリットについても理解しておく

家族葬はメリットばかりではなく、デメリットもあるということを理解しておく必要があります。そのうえで、葬儀会社などに相談してこの形式で執り行うのかを決めるようにしておくといいです。まず、この形式でも葬儀を執り行うと、親族以外の人は故人とお別れすることができないということになります。後日、弔問したいと考える人も多くなることも考えると、しばらくはその対応に追われる可能性があります。なので、あらかじめ対応を考えておくことが大切です。また、親族のなかにはお葬式というと、どうしても一般的な葬儀をイメージしている人もいる可能性もあります。そこで、この形式の葬儀への理解が得られるかどうかも考える必要があるので、トラブルなどにならないようにしっかりと事前に伝えておくことが大切です。