船橋市で家族葬を行う場合の相場を解説

船橋市は都心からのアクセスが良く、ターミナル駅から近いエリアに葬儀場が点在、どの施設も家族葬のプランを設けていますので、その中から選ぶことができます。一口に家族葬といっても、参列する人数や、一日葬、火葬式など、プランそれぞれの規模や形式によって費用が変わってきます。あらかじめ葬儀場を探したり、プランを想定したりするのは縁起でもないという考え方は、今はだいぶ薄れてきました。むしろ、家族が亡くなってから慌てて葬儀場を選んでしまうと、悔いの残る葬儀になってしまいかねません。故人を最良の形で送るためにも、あらかじめ、ある程度の知識を得ておくほうが良いと考えられます。大事な家族との別れほど、悲しく切ないものはありませんが、最後の大事な式典だからこそ、納得のいく葬儀にしたいものです。

人数や式典の形式によって変わってくる費用

船橋市の葬儀場で多くみられる家族葬プランには、大まかに分けて3種類のタイプがあります。一つは、通常のお通夜と告別式が執り行われるタイプで、参列する家族の人数などによって費用が変わってきます。近年、注目され、選択する人が増えているのが「一日葬」というお通夜の無いプランです。告別式から火葬へと一日で済みますので、費用も通常のタイプよりも割安となっています。さらに、割安となるのが「火葬式」というタイプです。こちらは、お通夜のみならず、一般的な告別式も行わず、火葬のみとなる送り方です。直葬、ワンデーセレモニーなどとも言われています。船橋市では、公営の斎場にもなっている火葬場がありますので、この火葬式が選ばれやすいとも言えます。もちろん、ほかの葬儀場でも火葬式のプランを設けています。

参列する人数を装丁したうえで考慮

船橋における各葬祭場の家族葬は、お通夜と告別式もある通常のプランで、費用が低めのものでは30万円前後から、高めのものでは60万円から70万円近くというふうに、参列する人数や祭壇のタイプなどによって、かなりの幅があります。家族や近しい親族のみか、親しい友人も参列かで人数は変わってきますし、初七日法要まで含まれているかでも違ってきます。参列の人数は、プランの費用をかなり左右してくるポイントとなりますので、故人の交友関係や、親類縁者との付き合いかたなどを考慮して、参列の人数を想定しておくと、万が一の事態でも、冷静に対処できます。葬儀場が多い船橋市ではありますが、できるだけ自宅からのアクセスが良く、遠方からの参列者の負担にならないエリアの葬祭場を選ぶことも大切です。