船橋市で行う家族葬はどんな方法があるか解説

少子高齢化や、近所付き合いの希薄さなどの傾向が強まったことで、船橋市に限らず、各地域で年々増えている葬儀スタイルが、家族葬です。ほとんどの場合、自宅ではなく葬儀場で行われるケースが多く、マンションなど、エレベーター等の事情で故人が自宅へは戻りにくいため、病院から直接葬儀場へという形式が多いことからも、選ばれやすくなっています。家族や近しい親族以外は、故人の親しい友人など、限られた参列者で執り行われる葬儀というだけでなく、参列人数や葬儀の方法によって、葬儀場ごとにいくつかのプランに分かれていますので、規模や形式を事前によく見極めておくことが大切です。参列人数や祭壇のタイプ以外では、お通夜を行わないプランや、お通夜も告別式も行わない火葬のみのプランなど、選び方によって費用に違いが出てきます。

プランの選び方で違いが出る費用

家族葬には大きく分けて、葬儀の方法が違う3つのプランがあります。船橋市の各葬儀場でも、参列する人数の違い以外で費用の差を大きく変えてくるのが、このプランの違いです。一つは、通常の葬儀スタイル同様、お通夜と告別式を執り行うタイプです。家族と、ごく近しい親類縁者、故人と特に親しかった友人など、限られた人数の参列という以外は、通常の葬儀と大きな形式の違いは見られません。祭壇のタイプや、参列する人数の数で費用に違いが出てきます。この通常形式の家族葬から、お通夜を省略したタイプが「一日葬」という方法です。通常はお通夜から告別式まで2日かける葬儀を、告別式のみ行うことで、1日で済ませます。さらに、お通夜も告別式も行わない「火葬式」という形式もあります。直葬、ワンデーセレモニーとも呼ばれ、費用が最もかからない方法となります。

参列の人数と日程などを考慮して選択

船橋市の葬儀場でも、通常スタイルの家族葬、一日葬、火葬式と概ね3つのプランが用意されています。葬儀の流れは、各葬儀社で大きな違いはありませんが、参列する人数で規模が違ってきますので、プランごと費用は、葬儀社によって差があります。葬儀場そのものの規模や施設のタイプでも価格差が出てきますので、執り行いたい葬儀のイメージに合うプランがあるかどうか、あらかじめ見極めておくことが大事です。事前に調べるのは縁起でもないという考え方もありますが、大事な家族との最後のひとときになる葬儀だけに、あとあと悔いが残らない良い式典にするためには、必要なことです。万が一というときのために、家族で話し合っておくことも、その事態が訪れてしまったとき、落ち着いて最良の選択をすることができます。